人生を書き換えていくLPT(ライフプログラミングセラピー)とは


潜在意識には多くのプログラムが保存されています

プログラムというもの自体はよくわからないけれど、電化製品、テレビゲーム、パソコンやスマートフォンなど今では生活の中に溢れていて、なんとなく私たちの身近にあるものとして認識されているのではないでしょうか。

 

プログラムは所詮、人間が作ったもの。ミス・勘違いはいっぱいありますし、時代と共に不要な機能、また新たに必要な機能が求められます。そのたびに、チェック・修正を行い、意図する結果を出せるように書き換えてバージョンアップしていきます。

 

実は私たちの無意識の領域にある潜在意識下にも多くのプログラムが存在し、この場合は、こういう行動をするように、と無意識のうち(条件反射のようなもの)に指示命令されています。

 



不要なプログラムが悩みの元になっている

プログラムの多くは、私たちが幼かった頃、『その時に持ち合わせていた言語力』で物事を捉え、Aが起こったらDをする、Cという状態の時はKをする、といった公式のように作られました。それは、その当時のあなたには必要だったものです。ですが、今、生き辛さを感じているなら、大人になったあなたにとっては不要なもの、バグ(ミス・勘違い)になっています。

 

たとえば、意識では「次こそはこうしよう」と思っているのに、気がつくと、また同じことを繰り返してしまった・・・お付き合いする人は違うのに、いつも同じようなパターンで別れてしまう・・・なんて経験はありませんか?また、つい我慢し過ぎてしまったり、頑張り過ぎて、あとでガクンと落ち込んでしまう、等もプログラムによる癖なのです。

 

目の前の悩みや問題が、潜在意識下に作られたプログラムによって起こっていること、そこにミス・勘違いが潜んでいることに、私達はなかなか気づくことはできません。

 

どうして思い通りにいかないのか、同じことを繰り返してしまうのか・・・それが、わからずに『こんな自分はダメだ』と、自分を責めたり、思い悩んでしまうのです。

 

自分では見つけにくいミスや勘違いはプロに任せることで簡単に発見でき、新しいプログラムに書き換えることができるようになります。


LPT(ライフプログラミングセラピー)の3ステップ

第1ステップでは、

あなたが持ち続けてきた固定観念や信念に気づき、受け入れること(自己を受容していく)

 

第2ステップでは、

感情を解放したり、出来事を捉え直すことで、ゼロの自分に近づいていくこと(自分を肯定していく)

 

第3ステップでは、

自分の在りたい姿を明確にしてバージョンアップしていくこと(自己重要感を高めていく)


この3ステップを取り入れた個人セッションやワークショップ、セルフケア講座等を行っています。

 

LPT個人セッションでは、やぐちくみこが習得してきた心理療法(心理セラピー)催眠療法(ヒプノセラピー)ホリスティック心理セラピー(レゾナンスヒーリング)などから、あなたに最適なオーダーメイドのカウンセリング、セラピーで問題の糸口を導きだし、解決へ向けて一緒に取り組んでいきます。また、ご希望の方には、新しいプログラムの書き換えが、よりスムーズに行えるようLPT個人レッスンでサポートしています。  

 

人間関係(夫婦、両親、子ども、職場、友人、恋愛)、身体の不調、仕事へのやりがい、将来への不安、自分自身のことなど、悩みはひとそれぞれです。同じケースはひとつとしてありません。そして、悩みや問題に大小はないのです。あなたが辛くて苦しいという状態は誰かと比べる必要はありません。

 

子育て、パートナー、職場や友人との円滑なコミュニケーションや目標達成など、テーマにそったワークショップやセミナー・講座もLPTメソッドをもとに、ご提供しています。