対立してイヤな気持ちになったとき

 

こんにちは、やぐちくみこです 

今日は満月ですね♪ 

 

 

 

三浦海岸では、大きな満月の光が波にキラキラとして 

本当にキレイなんです 

今夜も見れるといいな〜! 

 

 

 

さて明日なんですが、【ゆめのたねラジオに出演】します 

 

 

ラジオ収録中、声がつまり思わず涙が出そうになった、そのわけとは?! 

 

 

 

インターネット接続できれば 

世界のどこからでも聴くことができますので 

明日24日(木)の22時から、ぜひ聴いていただけると嬉しいです 

 

 

また、皆さんからのご感想もお待ちしております(^-^*)ノ

 

 

【ゆめのたねラジオの聴き方】 

①下記、夢叶隊のホームページにアクセスしてください。 

http://www.yumenotane.jp/yume-kanae-tai

 

②「クリックするとラジオが流れるよ♪」 と書かれたバナーをクリックしてください。 

③「PLAY」ボタンを押すとラジオ放送が流れます 

 

 

 

あ、明日はお茶会もあるんだ! 

 

横浜駅西口の、とあるカフェです 

今からでもどうぞ、お申し込みくださいませ♪ 

(下方にご案内があります)

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

◆ 対立してイヤな気持ちになったとき ◆ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

 

 

人と接していると 

「対立」を感じることが多々あるかと思います 

 

 

 

対立とは「勝負」や「争い」といった 

印象があるかもしれませんが

 

対立すること自体は悪いことではないんです 

 

 

 

「人は皆違う」ので

 

自分と意見が合わないことなんて 

日常茶飯事、当たり前に起こること 

 

 

 

 

ただ・・・ 

 

 

 

自分の気持ちも伝えずに 

相手を理解しようとせず 

 

 

 

良い悪い、正しい間違い

 

といった勝ち負けが入るから 

人間関係がうまくいかなくなるんです 

 

 

 

 

まず、その対立が「欲求から」の場合

 

 

相手のすること(行動)が

 

自分のしたい(してほしい)ことと違う

 

それによって、自分に何かしら「影響」がある

 

そして、その影響からイヤな「気持ち」を受ける 

 

 

 

 

「価値観から」の対立の場合 

 

 

自分に直接「影響」がない状態なのですが

 

自分の価値観とは違うので

 

相手の価値観を押し付けられるとイヤな「気持ち」になる 

 

 

 

 

 

たとえば、欲求からの対立についてですが 

 

 

待ち合わせに毎回、遅れてくる友人がいたとします 

 

 

とりあえず、遅れる、という連絡はくれるんだけど 

あなたが、待ってる時間中、心配になるし 

大事にされてない感じがしてイライラする 

 

 

 

というのは、 

 

 

相手の遅れるという「行動」から

 

あなた自身に待つ、という「影響」があって

 

イヤな「気持ち」になる 

 

 

 

 

で、この時に 

 

 

攻撃的な対応で

 

 

「なんでいつも遅れてくるの?」

 

と、頭ごなしに言ってしまうと 

 

 

 

相手は、責められた感覚から

 

「遅れるって連絡してるじゃん」

 

と、逆ギレしてきたりして^^;

 

 

 

それに対して 

 

「私が悪いわけじゃないのに 

何で遅れてきたあなたが怒るのよ!」

 

 

と、その後、気まずい雰囲気になる

 

(「いつも」という言葉も責めの言葉です) 

 

 

 

 

あるいは 

 

逃げの対応で

 

 

本当はイヤな気持ちを感じているのに

 

それを伝えると、相手との関係が悪くなる気がして

 

 

「遅れてごめんね〜」

と言われると

「うん、いいよ〜」

と、平気な顔をしてガマンしちゃう 

 

 

 

そして相手は何もなかったような顔をして

 

それを見て、腹の中では頭にきているw

 

 

 

実際、このようなシチュエーションの場合 

あなたは、攻撃的な対応か逃げの対応か

どちらの行動を起こしやすいでしょうか? 

 

 

相手が違うと、対応も違うかもしれませんね

 

 

私はよく、子どもたちを攻撃してました^^;

 

なんであなたは、帰りが遅くなる時

「いつも」連絡してこないの?

 

すると

「いつもじゃないし(怒!)」

 

と、ふてくされても反省することは決してなかったですね・・・

 

 

そこで、私は私の気持ちを伝えることをしました

 

 

「ママは待っている間、何かあったんじゃないかと心配なんだよ。

帰りが遅くなることに怒るわけじゃないので

一言でいいから、メールくれると嬉しいな。」

 

 

そこから、彼らの行動は変わっていきました

 

 

もちろん、完璧ではなかったですが

すぐに連絡できなかった時は

後から謝ってくるようになりました

 

 

 

 

攻撃でも逃げの対応でも

相手は行動を改めようとはしませんし

お互いに歩みよれる人間関係からはかけ離れていきます

 

 

 

では、こんな時どうしたらお互いにイヤな気持ちにならず 

あるいは、あなた自身がガマンせずに済むのか 

 

 

私が子どもたちに伝えた方法

 

「私は〜」というiメッセージで率直に伝えることです 

 

 

 

 

先にあげた例でいえば

 

「私は、連絡もらったとしも、待つのって苦手なんだよ。 

つい事故とかにあったんじゃないかって心配になるし、 

たびたび遅れてこられると 

私は大事に思われてないのかなって、悲しくなるんだ。」 

 

 

 

 

そうすると相手も 

 

 

「そうだったのね。 

他の友達と遅れるときは連絡し合おうね、で済んでるから 

そんな気持ちになるなんてわからなかったよ、ごめんね。 

次回から時間を守るようにするね。」 

 

 

 

と、あなたがどんな気持ちなのかが伝わるので 

相手も冷静に自分のしたことを振り返ることができるんですね 

 

 

 

 

あなたが悪い、私が正しい

 

といった勝ち負けを求めると人間関係は辛くなります 

 

 

 

相手は「連絡をいれたのだから良い、と思ってる

 

あなたは「連絡すれば遅れても良い、とは思っていない 

 

 

 

この「違い」を「お互いに理解し合おう」とすること 

 

 

そのためにも、まず iメッセージ で自分の気持ちを伝えること 

 

 

 

これが他者との関係性を良くし、自分自身がラク〜に生きられる

 

「コミュニケーション」というものです 

 

 

コミュニケーションとは 

人との違いを受け止め、認めた上で 

自分のことも表現し、相手に伝え 

互いに理解を深めるために行うものです 

 

 

 

 

相手が大事な人なら、尚更のこと 

ぜひiメッセージで、「素直に率直に」 

自分のことを伝えてみてください♪ 

 

 

 

 

価値観の対立については 

長くなったのでブログで書こうと思います 

時々チェックしてみてください♪ 

 

 

 

 

では、またここでお会いしましょ〜(o^^)ノ 

 

 

 

 

【編集後記】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■ 

数回セラピーを受けてくださってるお客様から、とても有り難いメールをいただきま 

した。セラピーの感想といった直接的な内容ではなく「ありがとうの気持ち」を伝え 

たくて・・・と。「変われないと思っていた自分が、少しずつ変化していて人生を自 

然に楽しめている感覚、またやぐちさんに出会わなければ、私は恐らく生きていなか 

ったはず、皆さんに発信してくださる事に心から感謝です。」

 

会ったこともない私のところに勇気を持って訪ねてきてくださって、信頼いただき、 

本当に感謝しています。ありがとうございました!

 

■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■