目の前の相手があなたにしていることは、あなたが、自分をどう扱っているのかの現れ その2

こんにちは、やぐちくみこです 

大阪に来ています

 

前回は続き!で終わっていたので2週連続でお届けします

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

◆ 目の前の相手があなたにしていることは

あなたが、自分をどう扱っているのかの現れ その2 ◆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

 

前回は私の子供時代の友達関係を例に

 

自分を粗末に扱うひとを無意識に選んでしまうのはどうしてなのか

それは、根底にどんな信念(ビリーフ・思い込み)があるのかに関連している

その信念を実行するためのプログラムが潜在意識にはあるんですよ

 

というようなお話しをしました

 

 

例えば、「自分には価値がない」という信念を持っていると

わざわざ自分の価値をズタボロにしてくれるひとの側にいて

延々と「私には価値がない」という確認作業をしちゃうんです

 

 

で、これは友人関係だけでなく、恋愛や職場など

身近な人間関係において、よくある話しなのです

 

 

彼にぞんざいに扱われる

上司にひどい仕打ちを受ける

などなど・・・

 

友達から異性や職場のひとに対象が変わるだけです 

こころの癖・習慣 イコール プログラムが動いているんです

 

 

環境を変えて友人やパートナー

職場の人間関係が変わろうとも

 

「私には価値がない」という信念の確認作業が続きます

 

 

その特定の「ひと」に執着しているのではなく

私を価値のない人間だ、と思わせてくれる対象に執着するわけです

不思議ですよね?ですが、これがこころの仕組みなんです

自分がどういった思い込みを持っているのか、がキーとなります

 

 

 

今度こそ、私を大事にしてくれるかもしれない 

まだまだ私の頑張りが足りないんだ 

こんな私の側にいてくれるのは彼しかいない 

その彼と別れるなんて、考えられない! 

 

 

表面の意識(顕在意識)ではそう思っている

なのに、ひどい仕打ちばかり・・・

だから、うわーーーーーーっ!!って 

どんどん辛さは増していきます

 

 

頑張っても頑張っても報われず 

相手を攻撃、コントロールいているつもりが

実は自分自身を無意識で攻撃し邪見に扱ってしまっている状態

 

 

価値がない、ということを無意識で確認し続ける・・・ 

 

 

あなたが、自分をどう扱っているのか

それは目の前の相手が、あなたにしていることを見ればわかります 

 

 

じゃあ、どうすればいいのか

 

 

こんな私なんて、どーせ私なんて、じゃなくて 

あなたに認めてもらわなくたって大丈夫! 

私が私の価値を決めるんだし 

素晴らしいって知ってるから大丈夫♪

 

 

こちらへ向って行きましょう 

 

 

幼少期に何かのキッカケで出来上がってしまった信念 

もうそれ、いらないですよね?

 

 

今まで相手から何かを得よう、奪おう 

相手を変えようとして必死に頑張り 

ガマンして自分を犠牲にしてきたなら 

逆のことをしていきましょう

 

 

 

私はこう思う 

私はこう感じている 

私はそれはイヤ 

 

 

 

そうやって、あなたが自分の気持ちを無視せずに 

自分を大事にしていく、表現していってあげましょう 

 

 

 

ちっちゃいあなた(インナーチャイルド)が

傷ついたままの私はまだここにいるよ

無視しないでって泣いているんです

それをお知らせしてくれるのが目の前のひとたちです

 

 

 

その癖、思い込みのプログラムはいつだって書き換えられます! 

さぁ、自分で自分を大事にしていく旅に出かけましょう(^-^*)ノ

 

 

 

 

 

【編集後記】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー■ 

欧米では認知度の高いセラピスト。ですが日本ではまだまだ。私は今年からセラピス

トの認知度を上げ、支援していく団体、一般社団法人日本セラピスト支援協会の常任

理事を務めています。当協会は5年目を迎え、今年から新たな活動も始まり、無料メ

ールマガジンも発行しています。セラピーに興味がある、これからセラピストを目指

したい、すでにセラピストとして活動している皆さま、今後、交流会やセラピストと

してのあり方を高めるためのセミナーなども開催していきます。ご興味のある方は、

協会HPをぜひご覧くださいね♪ ⇒ http://www.tsa-jp.com/