ヒプノセラピー(催眠療法)について その2

ヒプノセラピーでは、すっかり忘れていたことや

まったく覚えていないことを見たり感じたり

 

えぇぇぇ?!っと思うような前世の体験や

 

いじらしい小さい自分(インナーチャイルド)に会って

いっぱいお話を聞いてあげたり

その子の望んでいることを叶えてあげたり・・・

 

まぁ、いろいろあるわけですが、その体験による気づきと変容は

あなたにとって、とても大きなものとなっていきます

 

たとえば、

 

お子さんが可愛いと思えない、とか、子育てが苦しい

と悩んでいるお母さんは

お子さんをとても可愛いと思えるようになるし

楽に子育てができるようになっていきます

 

 

それはなぜか?

 

小さい頃のあなたをあなた自身が癒すからです

 

 

私たちは小さい頃、愛されてなかった、という勘違いをしていたり

たくさんガマンしてきたことがあって

怒っていたり、悲しんだままの自分自身を隠していることが多いのです

 

 

この場合は年齢退行やインナーチャイルドワークで

忘れ去られたままのあなたの幼少期の自分自身を癒すことで

いまの自分に統合されていきます

 

 

そしてその変化はセラピー後に、じわじわと実感することになります

人によっては、セラピーが終わって

お家に帰ると、とてもお子さんを愛しいと感じます

 

 

傷ついたインナーチャイルド(内なる子ども)

を多く抱えている状態というのは

今の自分自身は気づいていない場合が多く

 

 

だからこそインナーチャイルドは、気づいて欲しくて

目の前にあなたが嫌だなと思うこととして訴えかけてきます

 

 

たとえば、自分のお子さんが

無邪気に好きなことを言ったりやってるのを見て

なんだかわからないけど無性に腹が立って怒ってしまう

というのは、よくあることで

自分が幼少期に、両親から押さえつけられ

ガマンしてきたことだったりします

 

 

傷ついた幼少期があったからといって

いまの自分の子育てに、どんな関係があるの?

と思っているひとは圧倒的に多いです

 

 

私も体験するまでは

まったく『はてなマーク』状態でしたし^^

 

 

でも・・・会えばわかります!あなたのインナーチャイルドに・・・

そして、自分自身を愛おしく思える、自分の中にある大きな愛に気づけるのがヒプノセラピーです


そしてヒプノセラピーには多くの種類があります
こちらをご覧くださいませ→


◆この記事がお役に立ったら↓

◆記事をシェアいただけると嬉しいです