ヒプノセラピー後、自分を責める時間が減っているような気がしています

1、どんなことに悩んでいましたか?(あるいは解決したいこと、セラピーに期待していたことなど)


はっきりはわかりませんが、未来への不安が大きすぎて、その不安を埋めるべく型にはめた生活をしていたのではないか。~こうあるべき!という型を毎度、自分が作り上げていたのかもしれません。周りの人の影響も、両親の影響も、あるとおもいます。



2、受けてみて、どんな感じを受けましたか?受けた後、何か気づいたことや、ご自身に変化があれば教えてください


正直戸惑いましたが、受けて良かったと心から思っています。退行した時の自分…いつも泣きもせず唇を強く噛んで悲しそうな表情でした。結婚してはじめて気付いたことですが、私は酷い歯ぎしりをよくしていると言われました。顎の原因不明の痛みもこれによるものでした。自分では気づかないなかった歯ぎしり…。きっと幼い頃からの癖だったんだなぁ。と。 だからこそ、不快な感情が湧いたとき、フィードバックした自分を思い出すようにしています。そうすることでの結果はまだでていませんが、悲しそうな自分の子供時代をみるより、ずっと気が楽だ!と感じているような?気がします。



3、今後、はじめの一歩として、どんなことができそうですか?


まずは子供に幼い頃の自分と同じ表情をさせないように~出来るだけ、私が自由に、負の感情を手放していきたいです。そしてもう少し自分を知っていきたいと思っています。



4、多くのセラピスト、カウンセラーの中からやぐちを選んだ決めて(キッカケなど)は何ですか?


カウンセリング…まさか!私が!?と思っていました。でも、これしか手段がないような~という気持ちの動揺をしばらくしていました。気持ちのやり場がないときにはいつもカウンセラーを探していました。やっぱり!受けよう!とおもったその日にやぐちさんのメールマガジンが届いて、ホームページも拝見したところ、気持ちが固まりました。



5、その他、全体的な感想や、何かあればお書き下さい

ヒプノセラピー後、自分を責める時間が減っているような気がしています。また、スケジュールを調整して二回目のセラピーもお願いしたいです。


(Nさん)