希望を持つということ

私は、誰かに気持ちを話したいという思いを自分の中に溜め込んでいました。
人見知りで、普段口数が少なく、話す言葉を選んだり、言おうと思っても言わなかったりするタイプですが、やぐちさんはとてもお話ししやすくて、テーブルについて、一気に話しはじめました。
お話している間も、安心感があり、あれも、これも話さなくてはと、どんどん自分の状況を話すことができました。

普段、家族に自分の気持ちを話しても、理解してもらえないこともよくあり、な んでわかってくれないんだろ?とまたストレスを溜めてしまいます。

それまで自分の中で悩んでごちゃごちゃになって、まず何をすべきなのかわからない状況でしたが、私の話を整理して、これからの方向性を提案して頂き、気持ちがとてもすっきりして明るい気持ちになれました。

本当にお会いできてよかったです。これから自分の心のケアをしっかりやっていきたいと思います。
ありがとうございました。
(Nさん)

ーーーーー


ひとは「希望」を持ったときに
生命力を取り戻すかのように
表情がガラッと変わるのですね

先日、無料カウンセリングに
来てくださった方も、そうでした
たかだか1時間という間に・・・

私は何もしていません

ただお話を「聴き」
絡み合った糸をほぐしていく
「質問をそこに置く」だけ


ひとのこころもカラダにも
自然治癒力が備わっています

いまの現状がどうあれ

ご自身が見つけた希望の光が
その方の中に広がったとき

その光のエネルギーは
こころにもカラダにも
大きな影響を与えるのでしょう

その光はもともとご自身の中にあったものです


私は何もしていません

ただお話を「聴き」
絡み合った糸をほぐしていく
「質問をそこに置いた」だけ

なのに、帰るときには
みなさん、とてもステキな表情を
私に向けてくださいます

有り難いことです
今日も感謝