子どもの自己価値観を育む安心安全な場を作ろう


PTA向け・母親向け 講演・ワークショップ

●タイトル

〜子どもの幸せって何だろう?〜『子どもの自己価値観を育む安心安全な場を作ろう』

 

 

受講対象者

・子どもが心配、将来が不安と悩んでいる

・どんな言葉をかければ、子どもに伝わるのかと悩んでいる

・どうすれば、もっと子どもとの関係がよくなるのかと悩んでいる 

 

概要

あなたは、お子さんのイジメや不登校、成績、友達、性格、成長などに心配や不安を抱えていませんか?


 

忙しい時、躾ける余裕がなく怒ってしまったり、他の子と同じようにできないことを責めてしまったり、何度も同じことを言わされたりと、イライラしていませんか?

 

子どもの幸せを願うからこそなのですが・・・。では、子どもの幸せって何でしょう?

『いくつになっても、何があっても安心して帰る場所がある』ことではないでしょうか。

 

近年、日本の子どもの6人に1人が貧困だと言われています。貧困には経済的、社会的な面もありますが、こころの貧困は、「なんで私だけ?」から始まり、「どうせ私なんて…」と自己価値観を失い、生きてゆく力を奪います。この状態は後に社会に出る前後において、大きな影響を及ぼします。

本講演では、子どもが幸せに生きていくために、今、必要な『安心安全な場』を作る方法をお伝えします。

 

【主な内容】

●子どもの自己価値感を育む安心安全な場とは?

・お母さんがニコニコしている場所

・自分を受け入れてくれる場所

・子どもの心身を健康に保つには『◯◯◯◯』を出せるかどうか

 

●子どものこころを育む言葉がけ

・ネガポジ言葉の威力を体感してみる

・イライラ言葉をスッキリ言葉に言い換えよう

・子どもの考える力を伸ばす良い質問

・より良い成長を育む褒め方のコツ

 

●お母さんがニコニコなほど、子どもは幸せ

・お母さんのこころと時間の空きを作る

・お母さんが幸せを感じる力を取り戻す

・『訊く』、『聞く』をやめて、『聴く』

・心配ではなく、子どもを信頼する簡単な方法