インナーチャイルド


私たちの幼少期には、さまざまな発達段階、成長過程があり、そこにはいろいろな欲求があります。

それらは両親(あるいは養育者)によって満たされることが、健全な心の発達には必要なことだったのですが、何らかの理由でそれが満たされず、無視されたり、拒否されたりすることで、傷つき、悲しむインナーチャイルド(内なる子ども)が私たちの心の中に存在し始めます。

 

程度の差はあっても、すべての人の中に必ず傷ついたインナーチャイルドが存在しています。

ごく幼い頃のあなたの抑圧された古い感情が、大人になった今に影響を及ぼしているなんて、ビックリするかもしれませんが、抑えていた感情は、忘れてしまっているだけで、潜在意識にはしっかりと残っているのです。そしてインナーチャイルドが、あなたにその存在を気づかせようと、いろいろな形で現在の悩みや問題となって現れてくるのです。

 例えば

 
•自分に自信が持てない
•自分のことは二の次で家族や人のために尽くしてばかりいる
•人の目や批判が気になって思っていることを言えない
•怒りを爆発させてしまう
•黙り込んだり、ふくれっ面をしてしまう
•何でも自分でやらないと気がすまない
•つい「いい人」を演じてしまう
•自分の子どもがかわいいと思えない、子育てが楽しくない
•何も自分で決められない
•何かにつけ親の承諾を必要とする

 

など・・・
これらはインナーチャイルドが原因となっている場合のほんの一部。
人間関係の問題は、ほぼインナーチャイルドが関わっています。

 

インナーチャイルドのワークでは、あなたが抱えている問題の根っこにいるインナーチャイルドに出会い、その存在を認め、受け入れ、癒すワークを行います。それにより、今までバラバラに分離していた自分が統合され、心の安定に繋がってゆきます。

世代間連鎖

インナーチャイルドは子育てにも大きく影響します。もしあなたが今、子育てをしている中で不安を感じていたり、子どもをかわいいと思えなかったり、苦痛を感じていたら、まずはあなたの中に潜んでいるインナーチャイルドを癒すことから始めましょう。

 

このインナーチャイルドのエネルギーは世代から世代へと受け継がれていきます。もしあなたに今影響を及ぼしている、あなたの中のインナーチャイルドを癒してあげなければ、そのインナーチャイルドの持つエネルギーはあなたのお子さんへと受け継がれ、あなたのお子さんも、傷ついたインナーチャイルドを心に持つ大人へと成長し、今のあなたと同じような心の苦しみを経験することが多いのです。苦しみは連鎖してゆきます。

 

あなたの苦しみは、あなたの親から受け継いだものです。でもあなたがご自身のインナーチャイルドを癒すことによって、この連鎖の鎖をあなたのところで断ち切ることができるのです。

 

子ども達は、私達に学びを与えてくれる存在として、親を選んで生まれてくるといいます。そんな愛しい子どもをあなたの人生に迎え入れ、共に生きることの喜びをお子さんと分かち合うために、まずあなたのインナーチャイルドを癒してあげてください。

 

一度体験すると、小さかったあなたが、どんなに愛しい存在なのか実感できると思います。そして、あなたは深い愛をお子さんに与えることができ、親としての大きな喜びを実感できるようになっていきます。